« おんぱと@神田 | トップページ | 清元@幡ヶ谷 »

2007年2月21日 (水)

角ふじ@新松戸

13過ぎで全11席がジャスト満席の状態。つけ鰹風味680小ぶた150。普通のつけも680。ラーメンは680、鰹風味は700の謎。若い店員二名覇気がない。またテレビ音量異常にデカい耳が痛いほどでとても不快。
目の前で作られたのは丁度ラーメンであったが、ぐらぐらの小鍋べから注がれるダシは豚骨ギトギト、盛り付けられた姿は二郎系そのもの。麺はゴワゴワで本家より更に太そう。ニンニクコールしてるし!!まんまだね(実はぜんぜん知らずに来ました)。鰹風味バージョンは、器に魚粉大量にふるのが違いのようだ。
つけめんは製法が異なり、つけダレに、ネギレンゲでたっぷり&タレを入れ、鰹バージョンは更に魚粉タップリ入れ、ラー用とは別の寸胴からスープを注ぎ、なんと電子レンジでチン!!??そこに更にネギレンゲ攻撃。
しばらくオペレーションを眺めていると、当初は粗雑で要領悪く見えていたものが、なかなか真面目に頑張っているように見えてきた。。。

白くつるつるに輝く自家製ストレート太麺。よくあるタイプではあるがキリッと締まっていて美味しい。つけだれは濃厚そのもの。魚粉が随分とまとわり付くが、これはこれでよい。ゴロゴロ切りチャーシュー4個。ウズラゆで卵2個。小ぶたは、ガッチリしたチャーシュー4枚が麺上に並ぶ。小鍋でしばし煮付けたもの。
スープ割りは玉葱レンゲ1杯入れチン。うまいが玉葱邪魔。柚木コールは断った。ラーメンの方が太い麺使うなんてなんかミステリアス。
でも美味しかった79点。

|

« おんぱと@神田 | トップページ | 清元@幡ヶ谷 »

Ⅰ-30【千葉県】」カテゴリの記事

Ⅱ-21 つけめん(醤油)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/5811899

この記事へのトラックバック一覧です: 角ふじ@新松戸:

« おんぱと@神田 | トップページ | 清元@幡ヶ谷 »