« 璃宮@錦糸町 | トップページ | 濱むら@秋葉原 »

2007年4月26日 (木)

一’S@稲毛 ~初体験~

200704261301331300頃到着で先客5後4。

ここは、めちゃんこ美味しいんだが、量は軽め。更に悩ましいのはオプション頼むと値が張ってしまいがちなメニュー構成。
道すがら、
塩らーめん大盛りチャーシューにしようかなー。
更に、すじこん飯つけちゃいたいなー。
どーしよーかなー。と悩んでいると、稲妻が走りました。

ラーメン2杯食ったる〜<(`^´)>と。

意を決すると気持ちが落ち着き、BGMのスティーリーダンがふと耳に届いた。相変わらず趣味いいじゃん。
今日も店主一人で頑張ってます。

20070426130854まずは絶品の塩らーめん600から。
あっさりした中にもクッキリと牛テールのコクをたたえたスープに、歯ごたえしっかりのストレート細麺がよく馴染む。そして丁寧に盛り付けられたタップリの薬味が爽やかな味わいやアクセントを与えてくれる。
シンプルながら楽しさがあり、最後まで新鮮さが薄れない。いやー美味しい。
惜しむらくはチャーシュー。こいつも絶品ながら、脂身の多い部位があたり、ちょっぴり残念。

20070426131823えー、引き続き、香味らーめん700を。
その瞬間、隣の学生3人組がギョッとしたのを見逃さなかった。シャッター音も恥ずかしい(-。-;)

こいつは初。麺は塩と同じで、スープのベースが醤油に変わる。薬味のシソが無く、変わりに刻みタマネギが入る。
そして最も特徴を発しているのが、香味。
焦がしネギ&ニンニク&桜海老などが入る。さっぱり系に焦がし系の薬味が入ると一気に味が支配される場合が多い。もちろん、ここの場合も主張はしてくるものの、決してベースの味を埋没させることはない。立場をわきまえた感じで好感が持てる。ペロリ完食。
チャーシューはやっぱり脂身の多い部位。今日はそういう日なんだな。(T^T)

塩89、醤油85で。

さて、600+700で計1300を支払った訳だが、塩らー600+大盛り100+チャーシュー250+すじこん飯350だったとしても1300であった。ひと所で2杯という初体験は、大正解だったってことで。

めでたしめでたし。

|

« 璃宮@錦糸町 | トップページ | 濱むら@秋葉原 »

Ⅰ-30【千葉県】」カテゴリの記事

Ⅱ-11 醤油らーめん」カテゴリの記事

Ⅱ-12 塩らーめん」カテゴリの記事

Ⅳ-32【80点以上】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/6220561

この記事へのトラックバック一覧です: 一’S@稲毛 ~初体験~:

« 璃宮@錦糸町 | トップページ | 濱むら@秋葉原 »