« 麺劇場 玄瑛@薬院大通(福岡) | トップページ | 勇@新橋 ~今日で閉店~ »

2007年5月30日 (水)

東京中華そば 二刀流@神田 ~放浪の果てに~

20070530142217_1065/20オープンした「台風」目指し、えっちら茗荷谷まで。
とらさんでは定休日未定となっていたのだが、嫌~な予感。。。

わざわざ傘を買い、10分程歩き店前に着くと、この張り紙。(TOT)
近所に全然店無く、止む無く茗荷谷駅まで戻る。
あっ!「つじ田」の「魚雷」が未食だった!と思い立ち、淡路町で下車し店前に着くと、「魚雷」もうやってない(T^T)

ここまで来たら妥協はでけん!
とぼとぼ神田まで歩き、ようやっと、ここにたどり着いた時には、既に15時を過ぎていました。(T-T)

20070530150224_105_12007/2オープンとのことで、まだ新しい券売機で「煮干醤油ラーメン大盛り(240g)750」と「味玉100」を購入。
普通盛りは160gで650。
なぜか立て看板(行灯?!)は割れていて古ぼけている。

でかい器です。
スープがなみなみ入ってます。
20070530150700_104_1一口啜ると、、、あっちぃーっ!

煮干粉を油で炒ったような、「煮干油」とでもいいましょうか、、、が一面を被ってます。
やや薄味だが、この煮干油がスパイシーで飽きの来ない作りです。
当然ながらダシは煮干が支配的です。

麺は、中太のやや縮れ。
茹で加減も普通です(知らず知らずに永福町大勝軒と比較している(^^;)。

でも、チャーシューは小さいのが1枚しか入ってない(明らかに永福町大勝軒と比較している(^^;;)。
脂身が多くトロトロしたもの。

でも「東京中華そば」とのネーミングから私がまず想像するのは、荻窪系、それも春木屋、なのでイマイチぴんと来なかった。
だって煮干ギンギンの「東京中華そば」って違和感あるよね。

72点。
なんと言いましょうか、部分部分はよさげなのだが、全体的な完成度がマダと言うか、、、自分の物になっていないと言うか、、、借りてきた服を着ていると言うか、、、う~ん、少なくとも感動は無い。

この手のラーメンは年季が物を言う部分もあるような。
永く精進することで、名作、名店になれるかも知れないよ(^^)b

|

« 麺劇場 玄瑛@薬院大通(福岡) | トップページ | 勇@新橋 ~今日で閉店~ »

Ⅰ-01【千代田区】」カテゴリの記事

Ⅱ-11 醤油らーめん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/6605954

この記事へのトラックバック一覧です: 東京中華そば 二刀流@神田 ~放浪の果てに~:

« 麺劇場 玄瑛@薬院大通(福岡) | トップページ | 勇@新橋 ~今日で閉店~ »