« つし馬@浅草 | トップページ | 一's@稲毛 ~噂の真相~ »

2007年7月17日 (火)

五行@銀座 ~〆の『焙煎黒豚つけ麺』~

オープン直後に来て以来。

けっこー飲みましたが。。。
でも、〆時には、初心忘れず、『焙煎黒豚つけ麺\1000』を注文。20070717223022_543

澄んだ鶏ダシベースに、豚バラの油が程よく滲み出て、いい感じのオイリーさ。
とても、そそられるスープです。
で、昆布も効いていて、すする度に「昆布の上を鶏ダシが滑るようにして出てきている」ような感覚を覚える。
あ~、じんわり。20070717223153_542

甘辛酸は、辛味以外弱め(逆に言うと、辛味がちょっと出ている感じ)で、その大人びたバランスが心地よく、メニューにもマッチしていると思う。

麺の蕎麦のような色合いは、きな粉を練り込んだためらしい。
確かに、かすかにきな粉の味がする。
しかし、「何故きな粉を練り込んだか?」は、発明者(?)である店長不在につき究明できず。20070717223459_541

見た目に惑わされ、且つ、酔いも手伝い、、、
「やっぱコイツ、中華麺じゃないんでは!?(;¬_¬)ジー」と疑惑がもたげるが、決して蕎麦ではありません。
何故なら成分が、小麦と、カンスイと、きな粉だからです(だそうです)。
いやいや、成分を聞いたからではありません!!
食べて感じるからです。。(^^;;
(実際のところ、不思議な気分。)

でぇもぉ…、大喜のつけめんのようなピロピロ麺でも食ってみた~い(^0^)/

あと、蒸篭は石です。重いです。

豚バラも美味しい!
豚バラって、いいですよね~。沢山入ってますし。

スープ割りで、改めてクリアなダシを味わう。
20070717224400_540ぶんぶく茶釜(南部鉄の土瓶)から、直接レンゲに注ぎ、グビグビ。いや、チビリチビリ。

はあ~、旨かった、82!

|

« つし馬@浅草 | トップページ | 一's@稲毛 ~噂の真相~ »

Ⅰ-02【中央区】」カテゴリの記事

Ⅱ-21 つけめん(醤油)」カテゴリの記事

Ⅳ-32【80点以上】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/7183823

この記事へのトラックバック一覧です: 五行@銀座 ~〆の『焙煎黒豚つけ麺』~:

« つし馬@浅草 | トップページ | 一's@稲毛 ~噂の真相~ »