« 麺屋 鬼平@赤羽 『特製もりそば』 | トップページ | 凛@大崎 『塩M+煮玉子』 »

2007年8月31日 (金)

麺士 武双@赤羽 『黒武士味玉』

さて、引き続いては、こちら。
「鬼平」からは、赤羽駅をはさみ反対の西口側ですが、ガード下をくぐりスグです。

1219に入店すると、丁度満席だったのですが、食券買ったところで、スルッと1席空きました。(^^)
L字カウンター9席のみと狭いのですが、内装・調度品などに、どことなく「麺屋武蔵」ちっくな雰囲気を感じます。

そー!♪ ここは、麺屋武蔵で修行した双子の兄弟が独立、2007/8/6にOPENさせたばかりの新店なんだYO♪

ファンキーなBGM、、、武蔵っぽい
真っ赤に塗られた券売機、、、武蔵っぽい
湯切りも、、、ちょっとだけ武蔵っぽい
器にも挿絵が、、、武蔵っぽい、、、ってか武蔵そのもの(と小次郎)の挿絵
そして、厨房を切り盛りする二人、確かに似てます。
「武蔵&双子⇒武双」ってな訳ですネ。(^.^)b

メニューの方は、
「赤武士」・・・こってり「背脂」\680
「黒武士」・・・あっさり「えび油」\680
「つけ武士」・・・つけめん\780
の3本立て。大盛りは無料っぽい(?)です。

で、券売機のデカイボタンに誘われ、『黒武士味玉\780』を押下。

20070831122636_767「あっさり」という割りに、スープ表面には油膜が張り、オイリーに見える。
「えび油」なのか。
頂くと、エビは感じず、どちらかと言うと、鶏ガラや鶏油由来のような味わいで、少々旨味過多。「家系」が一瞬よぎる。
カエシには、まったりめの醤油を使っているよう。好みの味です。
ただ、「あっさり」と命名するには、オイリーかな。
お隣さんの、背脂がタップリふりかかった「こってり」と見比べれば、確かに「あっさり」でしょうが、一般人がこれを食べ、「あっさり」と感じられるかは、ビミョーです。

やや色白で中細のストレート麺は、加水低めでややバツバツした食感。
武蔵関連ってことで、カネジンのあのツルツルパツンな麺が来るかと身構えてましたが、ちょっと違いますね。
製麺所はわからなかったのですが。

チャーシューは、「豚」と呼ばれていて、くたくた煮豚のように見える大きくて厚めのがドカンと入ってます。
頂くと、しっとりジューシーで上品な仕上がり。
二郎インスパイヤってことでは無さそうです。(^^;

味玉は、固茹で気味の半熟。味付けは、いいです。

メニュー名から受ける印象とは異なる味わいだったが、個人的には、なかなか気に入りました。「赤武士」「つけ武士」も食べてみたいな。

76で。

|

« 麺屋 鬼平@赤羽 『特製もりそば』 | トップページ | 凛@大崎 『塩M+煮玉子』 »

Ⅰ-130【北区】」カテゴリの記事

Ⅱ-11 醤油らーめん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/7752463

この記事へのトラックバック一覧です: 麺士 武双@赤羽 『黒武士味玉』:

« 麺屋 鬼平@赤羽 『特製もりそば』 | トップページ | 凛@大崎 『塩M+煮玉子』 »