« 凪@渋谷 『今夜の日替麺』 | トップページ | 麺屋 鬼平@赤羽 『特製もりそば』 »

2007年8月30日 (木)

和麺屋 長介@新橋 『長介つけ麺 大盛り』

1335入店、先客3。

以前は見なかった、立て看板にメニュー説明があり、判り易くなった。

ノーマルは150g、大盛りは300gになり\50円増し、特盛りは450gになり更に\50増し。
グラム数は茹で前。もちろん麺の量。

ってこっとで、『長介つけ麺 大盛り\950』を購入。

なお、14時をすぎると、つけ麺では、太麺(+\50)を選べるようになるらしい。

さて。20070830134205_764

ラー・つけ兼用のくねくね中細麺は、なんか細くなったかな、って印象。
優しい歯触りで、喉越し、悪くない。

長芋が入るドロッとしたスープには、なにやら粉末が乗っている。
前からあったかなぁ?
深緑がかっていて、魚粉ではなく、トロロの粉末っぽい。
よって、粘度は更にアップ。

スープ自体は、濃度の高い動物系に魚介系がほどよくブレンドされ旨味がある。(甘辛酸タイプでは無い。)

しかし、麺を絡めると、これがよーく絡むんだが、それとは裏腹に、麺を和えている油由来と思われる、海老っぽい風味が香るものの、旨味が飛び、どことなく苦々しい後味(味バランス変わったよね)。

残念ながら、うまい!って感動が込み上げてきません。

メニューにつく「長介」って冠は、ここの特徴である長芋(長介芋)が入ることを示しているのだが、それ以外にも、所謂「青葉式」における「特製」の意味合いもあると思っているのだが(ノーマル+\200という値段設定からも)、チャーシュー1枚ってのは寂しいな。

味玉は、シミシミのトロトロで、おいしかった。

えー恐縮ですが、ギリ60ってことで。

そー言えば、これまでずーっと店主さん一人でしたが、店員さん(お弟子さん?)採用されたようです。
寡黙な印象があったのだが、明るい振る舞いに驚きました。
とても気が合うのでしょう。良かったですね。

【過去の記録】

2006年12月13日(ブログ開始前)以来、3度目。

|

« 凪@渋谷 『今夜の日替麺』 | トップページ | 麺屋 鬼平@赤羽 『特製もりそば』 »

Ⅰ-031【新橋駅周辺】」カテゴリの記事

Ⅱ-21 つけめん(醤油)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/7738136

この記事へのトラックバック一覧です: 和麺屋 長介@新橋 『長介つけ麺 大盛り』:

« 凪@渋谷 『今夜の日替麺』 | トップページ | 麺屋 鬼平@赤羽 『特製もりそば』 »