« 200707まとめ | トップページ | 凪@渋谷 『今夜の日替麺』 »

2007年8月29日 (水)

拉麺 阿修羅@船橋 『冷やし麺 胡麻和風だし』

今年の1月5日以来、3度目。
「冷やし」をどちらかのブログで目にしたもので。

1430入店で先客5人。

入り口の券売機で、『冷やし麺 胡麻和風だし\800+あじ玉\100』を購入。
冷やしには珍しく(?)、大盛り(+\100)があったが、なんとなく普通盛りをチョイス。
表の常設風の立て看板に「つけ麺 冷やし やってます。」とあったので、年中メニューなのだろうか。

あっ、この店は、「麺屋武蔵青山」で店長を勤めていた方が昨年4月に開いた、胡麻を多用した「胡麻らーめん」が売りのお店です。念のため。 m(_ _)m

さて。

涼やかな盛り付け。
上に乗るのは、水菜と長ネギの斜め細切り。
その下には、味付け挽き肉があります。20070829143630_754

「肉味噌」ではなく、「味付け挽き肉」です。
やや濃いめ・スパイシーな味付けで、パラパラとした仕上がり。
ニンニク風味も有り、嫌いではない。

麺は、武蔵系列同様カネジン製。
中細のシコシコ麺は、水で締められキュッとして美味しい。

スープは「和風だし」とのことだが、胡麻風味の「THE・冷やしの中華のタレ!」といった濃い目の甘酸っぱい仕上がりになっていることもあり、大変馴染み深い味わいではあるものの、ダシ自体を感じることはできなかった。

このスープを皿に引き、その上に麺を盛り付けているので、食べる前には、更にその上に乗る水菜・ネギと共に、天地返しが必要です。

そうすると、、、うーん、、、貧相なんだよね。。。
味付け挽き肉も少ないし。。。
あじ玉トピしたけど、結構寂しい景色になっちゃいました。

味わいも単調。
途中レモンを絞ることで、ある程度リフレッシュ出きるが、やっぱ単調。

決してマズイ訳ではないし、どちらかと言えば(先程も書いたが)、馴染み深い味付けで食べ易いのだが、満足度は上がらなかったなぁ。
値段が\800、あじ玉付けて\900ってのも、一因だな。

うーむ。67で。

|

« 200707まとめ | トップページ | 凪@渋谷 『今夜の日替麺』 »

Ⅰ-30【千葉県】」カテゴリの記事

Ⅱ-40【冷やし系2007】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/7726316

この記事へのトラックバック一覧です: 拉麺 阿修羅@船橋 『冷やし麺 胡麻和風だし』:

« 200707まとめ | トップページ | 凪@渋谷 『今夜の日替麺』 »