« 味一@高田馬場 『味噌ラーメン』 | トップページ | 【番外編】プロのためのラーメンの本 »

2007年9月16日 (日)

麺屋 まる紀@東村山 『つけめん』

1235で半分弱の入り。

「中盛りはどのくらい?」と尋ねると「1.5玉ですが、、、」と…。
それだけじゃ、どんなもんだかわからない、、、。
店雰囲気も、覇気がないと言うか、張りがないと言うか、、、。

『つけ麺\700・中盛り\100・味つけ玉子\100』を注文。
ラーメンは、\600。

確か某有名ラーメンプロデューサーがプロデュースしたお店です。
初訪です。

さて。麺屋まる紀@東村山

スープを都度、中華鍋で熱っしているぞ!期待できる?!

しかし一口頂くと、、、薄い。
中華鍋では、スープに魚粉入れ煮出してたようだ。
苦味が出ている。

ダシ薄いところに、(辛味と弱めの酸味(甘味はない))メリハリのない味付け。
更に(麺上の)貝割れが混ざり、苦味が増す。
旨味も、、、ない、かも。。。

麺は、恐らくラーメンの麺と共用の黄色い中細の縮れたもの。
スーパーで売ってる(市販品)麺のような、食感・風味。

小さい塩茹でチャーシューが1枚。

これで、計\900は高い。

味つけ玉子だけは、良かった。いい感じのゼラチン具合で味も○。

スープ割りは、まさに薄い。さ湯のよう。

もはや、無関係と思うのですが、名前残っちゃうし、プロデュースっていうビジネス、難しいんでしょうね。

48点。

|

« 味一@高田馬場 『味噌ラーメン』 | トップページ | 【番外編】プロのためのラーメンの本 »

Ⅰ-25【東村山市】」カテゴリの記事

Ⅱ-21 つけめん(醤油)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/7965220

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋 まる紀@東村山 『つけめん』:

« 味一@高田馬場 『味噌ラーメン』 | トップページ | 【番外編】プロのためのラーメンの本 »