« 麺工房 長谷川@新小岩 『つけ麺しお味』 | トップページ | 麺 大ちゃん@新橋 『塩らーめん・えびカレー皿セット』 »

2007年11月15日 (木)

麺や 多久味@船堀 『つけ麺(しお味)』

昨日は平日にも関わらず、珍しく麺休日。特に理由はありませんです。ちなみに昨昼は、吉牛並ツユダク生卵 などを啜ってました。)^0^(

さぁて今日はどこにすっぺ?と考えていると、「そー言えば一昨日の長谷川@新小岩、旨かったなぁ。」なんて麺の思い出が過ぎりまして、、、そうだ未食の師匠のお店だ!と。

んな訳でこちらへ。

都営新宿線船堀駅北口から徒歩5分程、1330頃入店しますと、先客7人。
カウンター8席+4人掛け×2というキャパです。

券売機は無く、卓上のメニューを眺めながらの思案です。
つけ麺は、醤油と塩の2種ですが、ラーメン類は、「かつお香味」「焦がしにんにく」「しょうゆ」「しお」「みそ」とファイブバリエーションズです。

一昨日つけ塩だったし、ここでもやっぱ、つけ塩でしょ(b^_^)ってことで、『つけ麺(しお味)\730』を無料の大盛りで。更には、ランチ時(1130-1400)のみの『ギョーザ(3ケ)とごはん(小)\100』を注文。(^0_0^) \100、安~い。(^_^)

特製もあり、\250でチャーシュー2・味玉・ノリが増量されます。
麺大盛り無料といい、弟子への影響が垣間見えますね。(^^)b

さて。20071115134357

長谷川とは打って変わって、見事に乳化した豚骨スープです。ところが一口目で、魚粉の味がふあっーと広がり、以降も魚粉が支配的です。

スープには玉ねぎみじん切りが沈んでいます。この玉ねぎには何かひと手間掛けているようですが、どう手間を掛けているのかは判りませんです。(^^;

ややくねくねした太麺は、長谷川と同じものかな(麺箱は見えなかったが大成食品らしいし。ってそもそもこちらがルーツですが。^^;)。麺は茹で時間の関係からか、よく締めている関係からか、やや硬直した感がある。器がキンキンに冷やされているのは嬉しいです。
量的には軽めですね。300gほどではないかと。
喉越しに走ってるうちは気付かなかったのですが、反芻していると小麦粉風味に、豚骨のミルキーなコクが混ざり合って、口の中に旨味が広がっていきます。この瞬間は、舌が鳴りました。おー旨い。

メンマは、大振りでどっしりしていますが、柔らかく調理されています。これはこれで美味しいのですが、醤油味付けが強いので、塩味スープの中ではやや異端に感じるかな。

チャーシューも大振りな短冊切り。質感があります。柔らかいので煮崩れる感じになりますが、その破片が最後の方まで残り続けることが、そこはかとなく嬉しい。

スープ割りでは、白濁豚骨スープを注がれるが、再び魚粉が強く主張してきて、苦味も感じ、クリーミー豚骨の旨味が封じ込まれているようで残念です。
青ネギが足されたのは見れば判るが、魚粉も足したのかな??

20071115134426

ギョーザは、ジューシーな焼き上がりでしたが普通ですね。既成品?特に皮がそんな感じ。

白米、とってもうまかったぁ◎ (^^)

ところで、若い3人が切り盛りしていましたが、店主さんらしき方は、厨房内にいるものの、調理には参加せずでした。たまたまでしょうか。。。
スープ割りはあれでよいのでしょうか。

うーむ、70ぐらいかな。一時代前なら大合格でしょうが。。。

ちなみに師匠店と弟子店では、少なくとも塩つけにおいては別物ですね。

|

« 麺工房 長谷川@新小岩 『つけ麺しお味』 | トップページ | 麺 大ちゃん@新橋 『塩らーめん・えびカレー皿セット』 »

Ⅰ-15【江戸川・江東・墨田区】」カテゴリの記事

Ⅱ-22 つけめん(塩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/8931817

この記事へのトラックバック一覧です: 麺や 多久味@船堀 『つけ麺(しお味)』:

« 麺工房 長谷川@新小岩 『つけ麺しお味』 | トップページ | 麺 大ちゃん@新橋 『塩らーめん・えびカレー皿セット』 »