« らぁめん ほりうち@新宿 『ざるらぁめん』 | トップページ | 東池おはこ大勝軒@巣鴨 『もりそば』 »

2007年12月 6日 (木)

季織亭@経堂 『イベリコ特製味噌温麺(仮称)』

(昨夜の続き)

「あのさー、味噌もあるよ。(´_ゝ`)」

え゙?!(;¬_¬)

長きに渡り、研究を続けていた味噌ラーメン。
ついにイメージ通りの食材たちに出会い、試作を重ね、いよいよ発売間近。
もはやプロトタイプでは無く、ほぼ最終版とのこと。。。

当然、頂きますがな♪♪♪
「お願いしまーす!!!」ヾ(^▽^)ノ

まだ、正式名称決めてないそうで、表題の『イベリコ特製味噌温麺(仮称)』は、仮称と言うより、わたしが勝手に書いただけのものでございます。m(_ _)m

さて。。。

20071205201819

ふわ~、なんて薫り高い味噌なんだぁ。(^0_0^)
ご主人の御眼鏡に適った三種の味噌をブレンドしてるとのこと。濃厚ながらしょっぱさは無くマイルド。重層的ですが八丁系の風味がややリードしているかな。そこにファンラーユがたらされて、更に薫り高く、そして若干の酸味が混じります。ダシは通常のもの。魚介系、特に煮干系が濃厚味噌の向こうから顔を出します。ダシ自体に粘度がないので、味噌スープとしてもややサラリとしています。そこにタマネギの微塵切りが何気なくリッチ感を演出しています。

麺は、つけ麺のものより少し細い。同じ麺帯から切り出しているそうです。スープに泳いでることもあるのでしょうが、随分と異なる表情になるんだなぁ。麺自体がよりしっとりした感じ。濃厚ながら穏やかな特製味噌スープに、これまた穏やかにマッチします。うめーっ。なお麺量は150g。

ボイルしたコダワリキャベツが、箸休めとしていいですね。少し芯を残した茹で具合が好みです。

そして、ここにも、イベリコ・デ・ベジョータのチャーシュー。スープに浸すと、これまたいい。旨みがこぼれまくって。。。
タプタプの桃から果汁が溢れ出すように、口に含むと肉汁が溢れます。味噌スープとの相性もバツグンです。

カリコリ(ほぼタケノコの食感)のあっさり味のメンマもいーですよー。(^^)/

いやー、おいひかった。)^0^(90。

そしてさすがに、ハラハチキレソウ。v(^^;;

PS.

お代は合計\2800でしたので、『イベリコ特製味噌温麺(仮称)』は、\1100って計算になるのかな。

【過去の記録】

2007年12月 5日 (水)季織亭@経堂 『イベリコつけ麺』
2007年5月31日 (木)季織亭2@経堂

|

« らぁめん ほりうち@新宿 『ざるらぁめん』 | トップページ | 東池おはこ大勝軒@巣鴨 『もりそば』 »

Ⅰ-111【季織亭】」カテゴリの記事

Ⅱ-13 味噌らーめん」カテゴリの記事

Ⅱ-50【限定(除く冷)2007】」カテゴリの記事

Ⅳ-31【90点以上】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/9277240

この記事へのトラックバック一覧です: 季織亭@経堂 『イベリコ特製味噌温麺(仮称)』:

« らぁめん ほりうち@新宿 『ざるらぁめん』 | トップページ | 東池おはこ大勝軒@巣鴨 『もりそば』 »