« つけめん 煮干そば 哲 TETSU@品川(品達) 『つけめん・具増し』 | トップページ | つけめん KONPEI こんぺい@高田馬場 『やさいつけめん』 »

2007年12月 3日 (月)

上弦の月@蒲田 『ラーメン』

夕方、蒲田で打合せ。
そーだ、久しぶりにあそこ行ってみよ。

っと、1905に着いたのですが、な、なんと待ちゼロで直ぐ着席できました。
ウレピ~~。(^0^)/

『ラーメン\550』と『味玉\100』を購入。麺200gあります。

相変わらず良心的な価格設定に脱帽です。m(_ _)m

以前頂いたときは、鶏の効いた家系チックなものだったけど、昨年、豚骨魚介醤油味に味を変えているようなので、楽しみです。

さて。。。

20071203191613
海苔にホウレン草。
盛り付けのイメージは、そんなに大きく変わってないような気がします。
ネギが多くなったかな。

背油が混ざるスープの表面には、どろっと粘度のある透明な油が張っていてます。そして、スープの量が少なく、ぬるめです。
「豚骨魚介醤油味」と聞くと、昼頂いた「哲」や「六厘舎」に代表されるジャンルをイメージしてしまいますが、全く異なる趣です。桜えびも入ってますしね。
麺を引き出すと醤油ダレにより茶色く色づいてます。
一言でまとめますと「ツユダクの油そば」って感じでしょうか。味わい的にも近いものを感じます(多めの刻みネギとまぶしながら頂くと特に)。
好みの味なのですが、醤油ダレが強い上、花鰹が絡んでくるので、しょっぱいかな。そしてやや油っこい。

麺は、やや平打ちのくねくねっとした太麺。啜り口はぼそぼそっとしていますが、噛むともちもちっとしています。小麦粉がわかりやすーく香り、美味しいです。

ローストビーフ調のチャーシューは、いーですねー。
スパンっと噛み切れ、チニャチニャと噛むほどに旨味が溢れます。結構大判で、肉肉しいんだけど、柔らかくて上品。贅沢なお肉だなぁ。醤油ダレにくぐらせている分、しょっぱいのが残念です。

味玉も個性的。黄身が、ネチャーっとした舌触りに仕上がっています。ゼラチン状というか、ゴマ豆腐のような食感がとても心地よいです。コイツは味付けは軽めでした。(^^;

しかし、つくづく\550は良心的だなぁ。帰るときは5名ほどの待ちが。次回は「味薄め」でお願いするとしよう。76で。

|

« つけめん 煮干そば 哲 TETSU@品川(品達) 『つけめん・具増し』 | トップページ | つけめん KONPEI こんぺい@高田馬場 『やさいつけめん』 »

Ⅰ-140【品川・大田区】」カテゴリの記事

Ⅱ-11 醤油らーめん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/9239781

この記事へのトラックバック一覧です: 上弦の月@蒲田 『ラーメン』:

« つけめん 煮干そば 哲 TETSU@品川(品達) 『つけめん・具増し』 | トップページ | つけめん KONPEI こんぺい@高田馬場 『やさいつけめん』 »