« 七彩@都立家政 『醤油ラーメン・青田式』 | トップページ | 東池袋大勝軒@東池袋 『もりそば』 »

2008年1月31日 (木)

麺喰酒場 月音@西小山 『塩つけめん・味玉・そぼろ丼』

 
ホントは夜来たかったんですぅ。(-_-;)

でも、なかなか機会作れなくて…、本日昼時初訪。(>_<。)

 

扉をくぐると、威勢よく迎えてくれます。
12過ぎで半分ほどの入り。ほとんどが地元ティーっぽいですね。

メニューは、
「命の」塩(クリスマス島の塩使用)
「日本一の」醤油(下総醤油使用)
「ピリ辛」葱醤油・葱醤油
「辛み」葱ごま
の4本立てで、各々「らぁめん」と「つけめん」があります。
ただ、「ピリ辛」は、らぁめんだけ、また、「辛み」葱ごまつけめんは、15食限定、です。

今日は、『塩つけめん\850』に「味玉\100」トピで注文してみました。

ふと見渡せば、飛び込んで来るのは、有名銘柄の焼酎の一升瓶達。

「佐藤(の黒)」「魔王」「村尾」「森伊蔵」「伊佐美」「五石橋」「き(七が三つ重なってる)六」などなどの…、もー、垂涎系。ヽ(゜▽、゜)ノ

やっぱ夜だよ。絶対!

 

途中、「そぼろ丼\400(らぁめんとセットで\250)」を追加注文!(^0_0^)v

さて。。。

麺喰酒場月音@西小山

澄んだスープは、表面がギラギラとオイリーに見えますが、麺をつけて啜ると、全然くどさは無いです。(メニュー裏に)ダシは、「鶏に魚介」のように書かれているのですが、豚清湯系のようなスッキリしたキレ、でも深~いコク&旨味を感じます。
結構大量に浮いている揚げネギが、やや支配的でもありますが、スープのコクとキレは埋没せずにしっかり主張し続けてきます。
そして、輪切り唐辛子のピシッとした辛味や、粒胡椒のキリッとした辛味が時折カツーンと襲ってきて、飽きさせません。甘味・酸味もいー塩梅です。

ドロッと濃厚系ではなく、キレで食べさせてくれる感じが、ジャストフィットしました。うめーっ!\(^O^)/

麺喰酒場月音@西小山

麺は、中太のやや平打ちで軽くエッジのあるタイプ。多加水でチュルッチュルッ。はずむような弾力が楽しいです。難があるとしたら箸(割り箸ではない)からツルツルこぼれ落ちることかな。(^◇^;)
量は、デフォで300gあり、申し分ありません。

チャーシューは巨大なバラロール。周囲に胡椒などスパイスが付いています。
シャコシャコ歯触りの薄味穂先メンマもグーです。

20080131122641_2
そぼろ丼は、甘じょっぱく味付けられた鶏そぼろが、こんもり盛り付けられていて、ジューシーに鶏の旨味が溢れる絶品です。

但し、お腹はちきれそうです。(~_~;)

 
 
いやーうまかった、うまかった。(^_^)ノ88。
絶対再訪です。

次こそは~、夜!(-_☆)

 

|

« 七彩@都立家政 『醤油ラーメン・青田式』 | トップページ | 東池袋大勝軒@東池袋 『もりそば』 »

Ⅰ-110【目黒・世田谷区】」カテゴリの記事

Ⅱ-22 つけめん(塩)」カテゴリの記事

Ⅳ-32【80点以上】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/10169569

この記事へのトラックバック一覧です: 麺喰酒場 月音@西小山 『塩つけめん・味玉・そぼろ丼』:

» 2/5 月音 [マッハのマウントポジションラーメン日記]
「シリーズ塩つけ麺」 今回は西小山にある「月音」を訪問しました。 酒とそのツマミが実に豊富。 なもんで気になったヤツを片っ端から注文。 「命の塩つけ麺」、「から揚げ」、「そぼろ丼」と三品。 丸いやや太麺が実に美しい表面をしています。 トッピングは穂先メ...... [続きを読む]

受信: 2008年2月 6日 (水) 23時39分

« 七彩@都立家政 『醤油ラーメン・青田式』 | トップページ | 東池袋大勝軒@東池袋 『もりそば』 »