« 中華そば むらさき山@三田 『紫(ゆかり)そば・豚ごわん』 | トップページ | 二代目海老そば けいすけ@高田馬場 『濃厚伊勢えびつけめん』 »

2008年2月13日 (水)

必勝軒@津田沼 『もりチャーシュー』

実に久々。
2008年初必勝です。

 
ですが今日は濃厚スープの日。
進むか?!退くか?!思案しました。実は。(..;)

 

ご承知の方も多いでしょうが、こちらでは、「月⇒バランス、火水⇒動物系濃厚、木金⇒魚介系強調、土⇒オールマイティ」と、曜日によってスープを変えていて、人気の理由の一つになっています。
つまり今日、水曜は、動物系濃厚スープの日。
ところが、一昨年(2006)の末頃から、動物系濃厚スープ戦線に異変あり!!

ラード(背油)の投入を始め、動物系ダシの濃度をズンズン上げ続け、あっという間に、従来の濃厚スープとは別物のレベルにまで到達。
従来は濃厚スープを好んでいた私も、これにはキツさを感じ、徐々に濃厚デーからは足が遠のくようになっていました。。。
更には、濃厚デーへの割り当てが、水曜のみから火曜&水曜に拡大され、、、必勝軒そのものがやや遠くなってました。。。
 

それでも、今日は無性に必勝軒でがっつきたくなり、一か八かの突撃です。
ε=┌( ・_・)┘

 

1155到着で15人待ち。さすがですねぇ。

注文は、『もりチャーシュー\1000』を「脂少な目」で。

 
回転の良さも人気の理由。
わずか15分そこそこで着席出来ました。

 

さて。。。

20080213121543うおーキテますね。キマクッテます。
「脂少な目」どこ吹く風で、見るからにコッテリ。(^^;

滑らかで清らかな打ち立て自家製麺(太麺という触れ込みですが、昨今の太麺ブーム(?)からすると、さほど太くはないです)を付けて頂きますと。。。

 

う、うまい。(T^T)

 

超濃厚ながら、旨味がくどくなく、(以前は埋もれてしまっていた)魚介の風味も見え隠れし、必勝軒の最大の魅力であるシャープさが戻っています。(濃厚デーにおいての感想です。あくまでも。)
豚・鶏のバランス変えたのでしょうか。鶏を減らした?種類を変えた?ラード量も変えた?実際のところは解らないですが、何らかのレシピ変更があったのでは?と思えてしまいます。

濃厚、コッテリであることには違いないが、断然レベルアップしています。
大勝軒の流れを組むお店の中でも超濃厚スープで有名な、六厘舎@大崎や、とみ田@松戸のように魚粉ザラザラ&骨髄までザラザラ系とは違った方向性ですが、こちら必勝軒もまた、大勝軒の流れを組むお店の中の超濃厚系の名店と言えちゃいまーす。(^^)

20080213121735いつもながら麺うますぎ。
ソフトな食感、豊かな風味、チュルリンとした喉越し。

 
強烈にうまい!
箸が止まらない!

 
 

いくつか部位を別けているチャーシューも絶品。肉の旨味をまんま味わうことが出来ます。世間的にはこちらのチャーシューあまり評価高くないようなのですが、私には相当な垂涎寺清子です。(=_=;

 
スープ割も堪らんです。しょっぱいけど。(^^;

 

ふえー幸せだにゃぁ。来て良かったぁ。)^0^(95。

 

【過去の記録】

2007年12月21日 (金)必勝軒@津田沼 『もりチャーシュー』
2007年10月15日 (月)必勝軒@津田沼 『チャーシューメン』
2007年10月 2日 (火)必勝軒@津田沼 『特製もりそば』
2007年9月27日 (木)必勝軒@津田沼
2007年9月20日 (木)必勝軒@津田沼 『らーめん』
2007年8月18日 (土)必勝軒@津田沼 〜博多長浜濃厚ラーメン必勝軒〜
2007年6月25日 (月)必勝軒@津田沼 〜もりチャーシュー〜
2007年4月18日 (水)必勝軒@津田沼 〜やりすぎです。。。〜
2007年3月29日 (木)必勝軒@津田沼 〜もりそば〜

 

|

« 中華そば むらさき山@三田 『紫(ゆかり)そば・豚ごわん』 | トップページ | 二代目海老そば けいすけ@高田馬場 『濃厚伊勢えびつけめん』 »

Ⅰ-31【必勝軒】」カテゴリの記事

Ⅱ-21 つけめん(醤油)」カテゴリの記事

Ⅳ-31【90点以上】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/10479632

この記事へのトラックバック一覧です: 必勝軒@津田沼 『もりチャーシュー』:

« 中華そば むらさき山@三田 『紫(ゆかり)そば・豚ごわん』 | トップページ | 二代目海老そば けいすけ@高田馬場 『濃厚伊勢えびつけめん』 »