« -つけめんDINING- IBUKI(いぶき)@半蔵門 『海のいぶき』 | トップページ | ajito@大井町 『つけ麺ゼータ』 »

2008年3月12日 (水)

必勝軒@津田沼 『もりチャーシュー』

毎度のご紹介フレーズですが、
こちら必勝軒では、「月⇒バランス、火水⇒動物系濃厚、木金⇒魚介系強調、土⇒オールマイティ」と、曜日によってスープを変えていて、人気の理由の一つになっています。
つまり今日水曜は、動物系濃厚スープの日。

その濃厚さに付いて行けなくなり、一時期は敬遠気味だったのですが、先日の訪問で、更なる進化を遂げていることを認識。
本日は水曜日ではありますが、とまどうこと無く突撃であります。(^^)ゝ

 

開店直後の1135に到着すると、
に、に、27~8人ぐらいの方々で行列を形成。 ドッヒャッ。(x_x;)

でも、並びますよ~ん。(^^)
結構回転速いんです。30分強で店内に入れました。

 

注文は、『もりチャーシュー\1000』を。

 

さて。。。

 

20080312121612おー、とーっても濃厚そうなスープ。
とーってもギラギラしてますしぃ。(^^;

今日は、ちと鶏が強いかな。
それでも、両大勝軒をルーツに持つことを伺えるキレ味が見え隠れ。単なる濃厚ギトギトじゃないから止められない。(^Q^)

でも、やっぱ、濃いですね~。(^^;

め、麺が違~う!!
20080312121633他店と違~う!のでは無く、
いつもと違~う!!!

加水・カンスイを抑え、小麦がビンビンに強調され、ややポクポク系化しているぅ。
麺の表面が、いつもよりややザラツキ、そのことにより、スープとの絡み度がアーップ!!

 

放っておいても、勝手に絡んでくるような濃厚スープに、絡みやすい中太麺。

まずかろーはずがナーイ!!

この改良(たまたま?^^;)は、自分にとっては、ナイスかもです。

 

チャーシュー。
あまり噂にならないチャーシュー。
(昔は巨大チャーシューが評判でしたが。)
これが旨いんだぁ。

数種の部位があってね。
わたしはロースの部分が憎憎しくて、ノン、肉肉しくて、一番気に入ってます。

 

は~あ、今日も満足させて頂きました。(^^)ノ89

 

【過去の記録】

2008年2月18日 (月)必勝軒@津田沼 『チャーシューメン』
2008年2月13日 (水)必勝軒@津田沼 『もりチャーシュー』
2007年12月21日 (金)必勝軒@津田沼 『もりチャーシュー』
2007年10月15日 (月)必勝軒@津田沼 『チャーシューメン』
2007年10月 2日 (火)必勝軒@津田沼 『特製もりそば』
2007年9月27日 (木)必勝軒@津田沼
2007年9月20日 (木)必勝軒@津田沼 『らーめん』
2007年8月18日 (土)必勝軒@津田沼 ~博多長浜濃厚ラーメン必勝軒~
2007年6月25日 (月)必勝軒@津田沼 ~もりチャーシュー~
2007年4月18日 (水)必勝軒@津田沼 ~やりすぎです。。。~
2007年3月29日 (木)必勝軒@津田沼 ~もりそば~

|

« -つけめんDINING- IBUKI(いぶき)@半蔵門 『海のいぶき』 | トップページ | ajito@大井町 『つけ麺ゼータ』 »

Ⅰ-31【必勝軒】」カテゴリの記事

Ⅱ-21 つけめん(醤油)」カテゴリの記事

Ⅳ-32【80点以上】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/11208362

この記事へのトラックバック一覧です: 必勝軒@津田沼 『もりチャーシュー』:

« -つけめんDINING- IBUKI(いぶき)@半蔵門 『海のいぶき』 | トップページ | ajito@大井町 『つけ麺ゼータ』 »