« 麺や 七彩@都立家政 『辛いつけ麺』 | トップページ | 【番外編】 )^0^( »

2008年4月21日 (月)

たらふくまんま@銀座 『白湯鶏拉麺(ぱいたんちきんらあめん)』

銀座6丁目、交詢ビルの4階の高級レストラン街にあるこちら「たらふくまんま」は、福岡を拠点とした居酒屋風和食屋さん(http://minus-one.jp/)。居酒屋風と言っても侮ることなかれ。コースは\15,700、\21,000という高級路線。
すでに多く方々が訪れ、レポも上げられています通り、2008/4/1からランチ時のみ50食限定でラーメンの提供が始まってます。
ワタクシもようやく。(^^;
ムロン初交詢。(;^_^A

1150入店。先、後とも0。フロア自体にも人影まばら。
銀座とは言え、どの店もランチ\3000ぐらい~となると、敷居は高い(てか、高すぎる^^;)と言わざるを得ませんもんね。給料日前の月曜ってこともあるのかもですが。
店内は和風モダンにこじんまりとまとまって、雰囲気のあるライティングで、高級感もそれなり。しかし、2万のコースを頂く店としては、少々物足りない、かな。

ま、昼麺を頂くには、全くもって贅沢極まりない空間ではあります。
ランチメニューは、『白湯鶏拉麺(ぱいたんちきんらあめん)\950』一本。

えっと、「鶏」の字は実際は違ってて、土偏が付いてます。変換できなヒ。

 
さて。。。
 

20080421115925おっ、上にモヤモヤっと何か乗ってますゾ。(@_@)
頂きますと、ふむふむ、牛蒡の細裂きの素揚げのようですね。濃い色合いの割に焦げ臭さなどなく、主張も強すぎず、なかなかいー味出してます。スープは、薄味の鶏白湯。濃度的には、中位?少し透明感があり、粘度はほとんどありません。スッキリして飲みやすいです。味を薄めにしているのはインテンショナルだそうで、小梅を箸休めに、と小壷が渡されます。小梅といってもコリコリ系ではなく、しっとりシワシワ無着色系で、小さいながらも梅肉かなーりウマイです。

20080421120022
中太のやや平麺は、加水低めでポクポクっとした食感。スープと良く馴染みイケますねー。

 

 

 

 

具材は、鶏チャーシュー3枚にゆで卵半分。20080421120158

鶏チャーシューは、優しくロールされていて、ホロホロの柔らかさ。鶏の旨味をたたえつつ、臭み無く、気と技を使ってるなー、と感じます。

 

 

 

あと、1センチ角ぐらいの玉葱微塵切りが入ってます。表面に少し粘膜的な柔らかさ、芯はシャクっと残した火の通し加減。甘く香ばしいです。辛味(トウバンジャン系)が少しまぶしてあり、アクセントにもいーですねー。

うーむ、流石は高級和食屋さんの出す拉麺。うまひですぅ。量が少なめなのも、高級店ならではか。(^^;
したがって、美味しーく、ドンブリ底が見えるまで頂き尽くしました。(^^)ノ79。

 

|

« 麺や 七彩@都立家政 『辛いつけ麺』 | トップページ | 【番外編】 )^0^( »

Ⅰ-02【中央区】」カテゴリの記事

Ⅱ-12 塩らーめん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/20443811

この記事へのトラックバック一覧です: たらふくまんま@銀座 『白湯鶏拉麺(ぱいたんちきんらあめん)』:

« 麺や 七彩@都立家政 『辛いつけ麺』 | トップページ | 【番外編】 )^0^( »