« 麺や 七彩@都立家政 『鶏白湯つけ麺(醤油)+アレ』 | トップページ | 必勝軒@津田沼 『しなそば』 »

2008年11月 9日 (日)

らーめん こてつ@新所沢 『特製塩らーめん』

今日は久々に休日昼麺ゲットしました~。(^^)

先日、楽々@吉祥寺(夜だったから正確には、Luck Luckかな)で
盛り上がりまして、
店主さんと少しお話ししまして、
仲間なんです、応援して下さい、って。

こちらは、麺屋 優@立川ご出身なんですね~。

なもんで応援しに来ました。
家族総出で。v(^^;)
でも、応援するまでも無く繁盛の様子でしたよ~。^^

 
メニューはこんな感じ。
20081109__p1050548
つけ・らー、それぞれに醤油味と、塩味があります。
つけは、太麺と細麺が選択でき、200g・300g同額です。
 
まずムスメが、塩つけ細麺の200g。
次にボーズが、特製つけを太麺で300g。
ほんでカーチャンが、特製らー。

となると、トーチャンは、特製塩らー行くしかないじゃん。
 
家族4人となるとラー代もゆるくない。
ポチリしまくり、〆て\3400。
週末ラーはイタシカユシ。(-_-;) 

『特製塩らーめん\850』
20081109__p1050536
トロっとした濃厚な魚介豚骨。塩加減はまろやかマイルド。でも退屈感は無いです。えーと、一言でいいますと、青葉(塩味じゃないですけど)の魚介系と動物系の融合度を高めた感じ?
濃厚トロリでもスッキリとして、とても頂き易いです。
海苔の上の粉末は摺り胡麻。

中位の太さのストレート系麺は、菅野製麺。
20081109__p1050539
プリプリとして濃厚スープとよく絡みます。

チャーシューは、スープに浸していると徐々にホロトロして来るもの。
20081109__p1050542
冷たくカッチリしている初期段階で頂くのも、後半ホロトロになったところを麺に絡めて頂くのも、いーですね~。
丸のままの味玉は中身が流れ出る柔さ。濃厚スープと高マッチングです。

 
残すことを念頭にボーズのつけを300gにしたんですが、
20081109__p1050534_2
猛然と啜り続け、
おいお~い、無くなっちまいそーやーん。( ̄◇ ̄;)

ってことで慌てて試食させて貰えたのはこの一啜りのみ。
20081109__p1050547
でも、これは、面白~い。
ベースのスープは同じなのでしょうが、塩とはまったく別の顔。
醤油ダレの「立ち」がいーですね~。甘味があり、香りがあり。

うん、次回は醤油系をゲットしましょー。(^^)ノ 83。

 
PS.
帰りの車中で、カーチャンが、石神本を穴が開くほど見ながら、
やっぱアタシの刻みネギが忘れられてた~。ヽ(*`Д´)ノ
と暴れてました。
フ~ッ、クワバラクワバラ (=_=;; カンショクシテルクセニ・・・

 

|

« 麺や 七彩@都立家政 『鶏白湯つけ麺(醤油)+アレ』 | トップページ | 必勝軒@津田沼 『しなそば』 »

Ⅰ-5【埼玉県】」カテゴリの記事

Ⅱ-12 塩らーめん」カテゴリの記事

Ⅳ-32【80点以上】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/25179393

この記事へのトラックバック一覧です: らーめん こてつ@新所沢 『特製塩らーめん』:

« 麺や 七彩@都立家政 『鶏白湯つけ麺(醤油)+アレ』 | トップページ | 必勝軒@津田沼 『しなそば』 »