« グレンリベット@銀座 Ⅱ | トップページ | 麺や 七彩@都立家政 『ソースカツ丼』 »

2008年11月12日 (水)

臨機@西永福 『つけ麺』

お疲れ様で弱りきったカブトムシは、昨夜もネオン街へ。≡≡≡ヘ(;^^)ノ ブーン
困ったことにその瞬間は、元気が出てしまい。

勢い、ハシゴ。(-_-;

んでも、2本目の止まり木でちょいとレアなシングルモルトを嗜むことが出来たのは嬉しかったです~。

 
んが、弱った体は、
吸い込んだアルコールの発散が遅いもの
と相場が決まっちょりまして。

はあ~、今日もヘトヘトに弱ってます~。弱りきってます~。

 
オレは、弱ったカブトムシなんかじゃねぇ! P(*`Д´)q

って気を吐くも、まるで箔なし。

 
でもちゃーんと、ラーメンはしてますですよ~。(;^^)v

こちらは、昨昼麺。
記事アップがワンテンポ遅れなのが歯痒い・・・。

 
オープンした昨夏は、結構話題に上がりましたねぇ。
あ、初報です。^^;

店内に入ると、焼き魚の臭いが。
カウンターにつくと、小料理居酒屋な錯覚に陥ります。
13時前でお客さんパラパラ。

店員さんがラーメン啜ってますが、賄いでしょうか。^^;

カレー味のつけ麺「ガンジー」
期間限定麺「秋の冷やし麺」
などに心奪われそうになりましたが、まずはデフォの『つけ麺\800』を。普通盛200g・大盛300gが同額。無論オムロン大盛りで。(^0_0^)

20081111__p1050563ほぐしたようなチャーシューがレンゲにコッテリ盛られているのが目を引きます。炙られています。ゴツイメンマは、しっとり柔らかです。

魚粉が浮く豚骨魚介醤油スープは、とてもスッキリした味わい。店内に置かれる地雷源@方南町のビラが目に留まったから感じただけかもですが、なんとなくベクトル感が近いような気がしました。

中太のピロ系麺は多加水モチモチ。
20081111__p1050567チャーシューから炙り香が移りますが、焼き魚な気配、鮮魚な気配は届いて来ませんです。

しかし、スープ割りでは様相一変。
軽く白く濁ったスープを注してくれるのですが、お魚な香り、潮な磯香がぶわ~っと広がります。エグミない磯香、いーじゃないですか。もともとのスープもこれだったのかな?

えー、期待以上に満足度高く、少し生き返ったカブトムシだったのです。(^^)ノ 81。

 

|

« グレンリベット@銀座 Ⅱ | トップページ | 麺や 七彩@都立家政 『ソースカツ丼』 »

Ⅰ-080【杉並区】」カテゴリの記事

Ⅱ-21 つけめん(醤油)」カテゴリの記事

Ⅳ-32【80点以上】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/25261121

この記事へのトラックバック一覧です: 臨機@西永福 『つけ麺』:

« グレンリベット@銀座 Ⅱ | トップページ | 麺や 七彩@都立家政 『ソースカツ丼』 »