« ラーメン天神下 大喜@湯島 『とりわんたんめん』 | トップページ | らーめん愉悦処 鏡花@立川 『ニボブラチャッチャ』と「ピリ玉ごはん」 »

2009年6月 5日 (金)

らあめん 元~HAJIME~@蓮根 『塩らあめん』『濃厚鶏ポタつけ麺』

なんかですね、最近更新がタイムリーじゃないんすよねぇ。自分としては出来るだけタイムリーに更新したいんですが、なんやかんや忙しくて…。(つд`)ハゥ

特に夜が。

(〃▽〃)ウィ~ッ

 
ってことで、こちらは昨昼麺なのです。

20090604__p111089914過ぎ頃うがいますと、先客1人。
って、某店の店主さんじゃないっすかっ!
.。ooO(゚ペ/)/

ほら、塩と鶏ポタ押して座ればいいから!

 
って、エスコートされたとですよ。(-_-;)

 
あ、いや、予定と一致してましたから、全然オッケーなんすけどね。f(^-^;)

20090604__p1110886

 

内外装は、かの「空門計画工房」。

シックで落ち着いた木の温もりが居心地いいっすね~。

って、ん?ん?ん~?

空門??

 

『塩らあめん\750』
20090604__p1110890美しき一杯です。クリアな鶏の旨味に、海産乾物系のコクが上品に絡み合います。
レンゲでスープを飲むと黄金色の鶏油を多めに掬うことになるので、鶏が主体的にも感じ兼ねませんが、麺を啜ってみるとバランス良く魚介系ダシが調和していることが、とても良く判ります。
滑らかで清らかなストレート細麺が、とても合っていますね~。旨いです。
そして、しっかりとクリアな醤油ダレが沁みた叉焼。ややもすると繊細な塩スープをジャマしかねないのでしょうが、心配ご無用。凛としたスープは、ずっと凛としたままです。そして噛むほどに広がるバラ肉の旨味。いーっす。とてもいーっす。
ふわっとした鶏ツクネ。生姜の香りがいい按配です。

丼抱えてスープを飲み干しすや、完璧な間合いで提供された、
『濃厚鶏ポタつけ麺\900』
20090604__p1110901店主さん前身店での名物メニューの復刻だそう。ちなみに写真に違和感を覚えた方は相当なラ○タさんです。

実は、某店主リクエストで通常使われない青ネギになっています。(^^)b

スープは凄い粘度で、まるで水糊のよう。最近は野菜ペースト系を使い粘度を演出するお店がいくつか出てきてますが、こちらは純鶏。ここまで炊き出すのは相当手間ヒマをかけるようです。余りの濃厚さに食べ始めは鶏を感じきれないのですが、しばらくすると旨味が口一杯に蔓延し、モーレツな鶏攻撃に見舞われます。まさに鶏ポタージュ。
20090604__p1110896濃密な鶏エキスですが、嫌な感じは全く無く、魚粉のアクセントもあって、平べったい形状のネジレ系太麺が、最後までワッショイワッショイと啜れます。この麺とポタージュのコンビネーションは文句つけ様が無いッス。叉焼はフライパンで焦げ目を付けて。

 
醤油やイベリコ系サイドも気になりますですね。
お店営業的には、夜の部がかなり忙しいそうです。
昼の部、もしかして狙い目かもですよぉ~。(^^)ノ

 
ちなみに、こちらのお店には超裏メニュー?として「ラヲタライト」なるものがあります。
ワタシの場合、腕の問題でいつもと変わりない写り栄えっすけどね。(-_-;)
20090604__p1110898

店主さん自身が相当食べ歩いた人なだけに考えついた装備なのかも。

相当に間が良くないと出会えない超裏メニュー?ですが、もし店主さんに余裕がありそうでしたら、尋ねてみては如何でしょうか。

ラヲタライト一丁~っ!
って注文通されますけど。
(^◇^;)

 

|

« ラーメン天神下 大喜@湯島 『とりわんたんめん』 | トップページ | らーめん愉悦処 鏡花@立川 『ニボブラチャッチャ』と「ピリ玉ごはん」 »

Ⅰ-120【豊島・板橋区】」カテゴリの記事

Ⅱ-12 塩らーめん」カテゴリの記事

Ⅱ-22 つけめん(塩)」カテゴリの記事

Ⅱ-60【2009新店】」カテゴリの記事

Ⅳ-32【80点以上】」カテゴリの記事

コメント

苦笑

投稿: Tkz | 2009年6月 5日 (金) 21時46分

あははは。f(^^;)

投稿: 本人 ⇒ Tkzさん | 2009年6月 7日 (日) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/29963755

この記事へのトラックバック一覧です: らあめん 元~HAJIME~@蓮根 『塩らあめん』『濃厚鶏ポタつけ麺』:

« ラーメン天神下 大喜@湯島 『とりわんたんめん』 | トップページ | らーめん愉悦処 鏡花@立川 『ニボブラチャッチャ』と「ピリ玉ごはん」 »