« 麺や 七彩@都立家政 『喜多方手切りつけ麺(会津15年味噌ver.)』 | トップページ | 中華そば すずらん@渋谷 『名の無い超絶麺(ktさん5周年記念麺)』みたび »

2009年9月28日 (月)

羽前(うぜん)@恵比寿 『鶏塩ポタージュつけ麺』と「リゾット風御飯」

こちらは、恵比寿から徒歩2~3分の飲み屋さんが軒を連ねるエリアに出来た新店。元々屋号もそのまま羽前というバーだったようで、店内ホールは(恐らく)そのまま。お店の入るビルもユニークな形をしています。
20090928__p1160208_2
もしかしてつけ屋さんらしくない内外装ナンバー1かもですね。^^;

メニューはシンプルに『鶏塩ポタージュつけ麺』一本。
20090928__p1160193
並\800をお願いしました。^^

20090928__p1160212
『鶏塩ポタージュつけ麺(並)\800』

キレイなホワイトなスープです。昨今つけ麺で用いられる"ポタージュ"から連想されるようなドロリ感は無く、洋食のポタージュが如くのトロミ加減の鶏濃縮スープです。脂が出る部位がかなり溶け込んでる感も強いですが、野菜の効用でしょうか、クドくは無いです。

茹でキャベツは、予めスープに投入した方が味が乗ります。当然ですが。^^;
20090928__p1160199
麺は長方形断面でエッジの立った平打ち。もちもちした食感。美味しいです。スープとの相性もいい具合です。
叉焼がわりの豚バラスライスは2枚。生姜醤油な味付けで、そうですね、豚丼の具のような感じで、ある意味家庭的な味わい。これが濃厚鶏ポタージュと不思議とマッチしています。糸唐辛子は、もう少しパリっとしてたら尚良かったかも。

麺が無くなったところで、「リゾット風御飯セット\150」を注文。
粉チーズ、トマトペーストの小皿と御飯が出てきます。
これを自分で残ったスープにイン!
20090928__p1160203
ほほー、スープの鶏風味を色濃く残しながらも洋風リゾットな味わいに変化。トマトペーストを溶かすと尚一層洋風に。こんな〆ご飯初めてかも。^^
20090928__p1160205
スープにリッチ感があるので、よく考えれば御飯投入しただけなので妥当な値段\150が、妙にお得に感じます。御飯投入前にスープをチンしてくれて、最後に青ネギを軽く散らせたら、更にポイントアップうけあいでしょうか。
 
看板等が目立ってないのでちょっとお店が判りづらいのですが、是非頑張って欲しいですね。(^^)ノ 72
 

|

« 麺や 七彩@都立家政 『喜多方手切りつけ麺(会津15年味噌ver.)』 | トップページ | 中華そば すずらん@渋谷 『名の無い超絶麺(ktさん5周年記念麺)』みたび »

Ⅰ-100【渋谷区】」カテゴリの記事

Ⅱ-22 つけめん(塩)」カテゴリの記事

Ⅱ-60【2009新店】」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!TBどうもありがとうございました。
店主さんはバー歴が長いこともあり、話しかけるととても気さくに応じてくれます。
聞けば、いろいろと教えてくれそうな感じでした^^;
あ、夜もやはりつけ麺専門店なのですね?
つけ麺が食べられるショットバーなら重宝するかも^_^;

投稿: いけ麺@so-net | 2009年9月29日 (火) 21時46分

どうもです。^^
夜も出ているメニューは鶏塩ポタだけでした。
でも、バー時代の名残でしょうか、厨房背中側には沢山の洋酒ボトルが。
お願いすれば、頂けるかもですね。^^

投稿: 本人 ⇒ いけ麺@so-netさん | 2009年9月29日 (火) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282375/31559372

この記事へのトラックバック一覧です: 羽前(うぜん)@恵比寿 『鶏塩ポタージュつけ麺』と「リゾット風御飯」:

» 鶏塩ポタージュつけ麺 羽前(うぜん)@恵比寿 [麺好い(めんこい)ブログ]
2009年9月14日、恵比寿で十数年間親しまれ続けたショットBAR羽前(うぜん)が静かに閉店。 そして、2009年9月17日、業態変更によるリニューアルで、新たにつけ麺専門店として生まれ変わりました。 新店の名称は、「鶏塩ポタージュつけ麺 羽前(うぜん)」です。 訪問日は、9月25日です。とらさん会議室の書き込みを見ての来店です。 ... [続きを読む]

受信: 2009年9月29日 (火) 21時40分

» 鶏塩ポタージュ つけ麺 羽前@恵比寿 [大豆の気持ち。]
東京都渋谷区の 羽前 で 鶏塩ポタージュ つけ麺 を食す。 最寄り駅はJR恵比寿駅。 徒歩5分ほどの場所にある。 もともとは BAR だったのだが、つけ麺屋に変更した異色のお店。 入店時、店内にはお客さんが一人もいなく、店主のオジサンとオバチャンがのんびり座っていた。 メニューはこんな感じ。 つけ麺のみで勝負しているお店。 ここは、もちろん 鶏塩ポタージュ つけ麺(大)(¥800) を注文。 宮崎の地鶏と東北の野菜にこだわり、 長時間煮込んだ濃厚... [続きを読む]

受信: 2010年3月15日 (月) 00時09分

« 麺や 七彩@都立家政 『喜多方手切りつけ麺(会津15年味噌ver.)』 | トップページ | 中華そば すずらん@渋谷 『名の無い超絶麺(ktさん5周年記念麺)』みたび »